子育て

年子男子反抗期体験談~ゆうり家年子兄さんたち~

思春期・反抗期を迎えて毎日悪戦苦闘しながらヘロヘロな毎日を過ごしています。

誰しも通る道とはいえ、親は本当に出口のないトンネルを歩いているようです。

小さな可愛い子から大人への成長なのだと思う一方、出してくる態度にとても腹立たしく思う毎日が続きます。

出し方は人それぞれ、だからこそいろいろな人の体験を読むことで救われているゆうりです。

これは我が家の思春期っずの反抗期体験談です。

ゆうり家の思春期っズ

我が家には、思春期ッずが二人います。

そして年子です。

年子が大変って、乳幼児期の時期だといわれますが、

なんとか乳幼児期を越えてきたけど、

今まさに思春期と反抗期の年子育児にやられております。。。( ノД`)シクシク…

思春期ッず①:ゆうり家の長男君は中学2年生

思春期っず②:ゆうり家の次男君は中学一年生

 

反抗期は突然にっ!(長男編)

小学校を卒業して、中学校に入って、親も子も初めての経験にドキドキしていました。

うちの中学は、他の小学校が交わりません。

だから私服から制服に。

行く学校が変わるだけで何の変化もありません。

そこらへんは長男君、それなりに仲良くしていたので心配はしていませんでした。

 

でもね。。。

入学してからしばらくすると突然、段々起きてこなくなりました。

ただただ『行きたくない』と。。。

 

その当時仕事してたから、朝何とか引っ張り出して行かせてました。

彼の部屋が3階だったので上から落とすくらいの勢いで、重い思春期ッずを抱えて引っ張り出していました。

仕事だったので、起こしても動かなければ、学校に行くように伝えて仕方なく家においていくことも…

このやり取りで仕事も遅れることもありました。。。

職場ほうも理解があるもののあるものの、やはり気をつかいましたね…

 

そんなこともあり、様子を見たり話したりしなくては!と仕事を辞めるきっかけになりました

 

男の子の反抗期特有の

・言葉や態度が暴力的になる
・物にあたる(投げたり壊したり)

がなかったので、これが反抗期だとは思えず、

学校に行きたくないだったので、

いじめにあってる?とかひどく不安になり、クラスの子に聞いたものでした。

 

でも、学校ではそんな様子はなく普段通りだったようです。

ただ、学校の宿題はやりたくない!と言ってしてなかったようですが(;´∀`)

部活も学校もも何もかも行きたくないと…

当時それが理解できず、

親子ともども泣いて、

話して、

苛ついて…

どなりあって。。。

 

思春期ッズ長男君、その後、現在

今、仕事をやめて、少しだけ落ち着いてきました。

2年生になり、3年生からの開放。

そして、本人も

『どうしてあんなこと言っていたか分からない。』というようになりました。

ただ、まだまだ学校は遅刻するし、学校にも行きたくないという日もあったりします。。。

次は受験生なので、なんとか思春期を抜けて自分自身の進路について考えてほしいです。

最近は、話せるようになったので、『そろそろ思春期抜けてくれない?』と言ってみたりしますが、どうなることやら。。。

 

反抗期は突然にっ!(次男編)

男子の特徴である、『言葉や態度が暴力的になる』を大いに出してはります。

元々不器用で、よくいろいろ言われてるせいか

『どうせできひんもんっ』

がもともと口癖でしたが、この『どうせ僕なんてできひんもん!』は、反抗期の特徴でもあったようですね。

もともと次男君はいじられキャラで、可愛らしい顔して突っ込み処満載で面白いです。

でも、言いやすいからか、どうしてもあれやこれやと言ってしまってるようで、

小学校からぶつかりあってきた次男くん。

まだまだ『これしなあかんで!』というと『イヤー。』と小学校と変わらず逃げ回ってます。。。

今日もテスト前ですが、『いやぁ』と逃げ回ってます(;´∀`)

(小学校1年生の3ちびちゃんとも同じやり取り(;’∀’))

 

そして先日、もともと本が好きな次男君、借りてきたのは、

『苦しい親子関係』

あ。。。言い過ぎていたんだね。。。

他の本に挟んでそっと返しました。

でも、おかげで吹っ切れました。

やらなきゃいけないことを振りかざし、押し付けていたんだなぁと。。。

やらなきゃいけない事をやらないということで血が上ってしまっていたように思います。

やらない部分もアリながら認めていく。。。反抗期って辛い(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

■■ ■■

ゆうり家思春期・反抗期まとめ

毎日毎日彼らの主張にバトっていますが、

親と子のすり合わせに必要な作業だったように思います。

まだまだ不安定な長男くんですが、前より仲良くなった気がします。

とはいえ、行きたくない症候群は終わりません(;’∀’)

 

いろいろやってきて思ったことは、

 

体験から思ったこと
  • 本人がスイッチを入れないと何もできないということ。
  • 親は怒るのではなくスイッチが入るところまで見守り促すこと。

 

これがとても難しく、骨が折れる作業です。

 

反抗期と思春期の年子育児

それぞれの反抗期の態度を出してきて、それぞれの対処法を見出している最中です。

どちらも思春期で反抗期、一日違いで交互に来ることも。

ここらへんは図っているのか?同時に発動することはありませんw

それでも、毎日だとこちらがすり減ってきてしまいます(;’∀’)

こういう時期だと分かっていても、最低限守らねばならないこともあり、必死になってしまいます(-_-;)

こういう時は本当に第二次年子育児の苦労話なんだろうとおもいます。

 

でも、思春期ってこんなもん!

諦めるをうまく使って日々新たな思春期の出し方に格闘しているゆうり家です。

https://yuurin4children.com/akirameru/

思春期男の子
分かる!思春期の子どもの特徴と対処法中学生になり、思春期がとうとうやってきました!噂に聞く思春期ってどんなものなのでしょう。 思春期とは 思春期 思春...
思春期オススメ本
思春期・反抗期におすすめ本急に変わる思春期や反抗期、あんなにかわいかったのに。。。と親は戸惑いますよね。。。 お子様が思春期や反抗期を迎えたら読む本を小児科...

https://yuurin4children.com/seinomezameosusumehon/

大家族の節約術

貧乏大家族の節約方法

いかに貧乏でも楽しく節約して生活を豊かにできるように日々奮闘中です。

我が家の節約術をまとめました。

https://yuurin4children.com/daikazokusetuyaku/

アイキャッチ大家族貧乏ゆうり家の究極のこだわり節約術